2007年09月14日

法師温泉での入浴

法師温泉には旅館が長寿館一つしかありませんので、
お風呂も当然、長寿館のものしかありません。

宿泊客であれば、天然温泉ですから、
24時間いつでも入浴ができます。

しかし、最近流行の日帰り入浴はどうなのでしょう。

もちろん、山奥の一軒宿ですから、
訪れた人には入浴だけでも楽しんでもらおうと、
立寄入浴(日帰り入浴)も行っています。

ただし、やはり宿泊客優先ですので、
立寄入浴には制限時間があり、
その時間は一応午前10:30〜午後13:30までと決められていますが、
混雑状況によっては入浴できないこともあるようです。

特に日帰り客の殺到する土日祝日や大型連休・年末年始などは、
事前に確認してから訪問した方がいいかも知れません。

また、じっくりと入浴を楽しみたい方は、
是非とも宿泊をしてみてください。

歴史ある「国登録有形文化財」にも指定されている旅館なのに、
宿泊代は意外にリーズナブルなんですよ。
posted by 温泉紀行 at 07:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。